お知らせ

ICTシステム

保育園向けICTシステムの選び方

ここ数年、「保育現場のICTシステム化」を進める動きが広まってきています。

待機児童解消や保育園の安全強化が叫ばれるなか、保育園の整備とともに課題となっているのが、保育士の業務効率化です。子どもと関わる時間だけでなく、事務仕事や保護者への連絡など、その業務は多岐にわたります。そんな保育士の業務負担の軽減を目指して導入され始めたのが、保育園のICTシステムです。 

 

ICTは”Information and Communication Technology”(情報通信技術)の略でインターネットなどの通信技術を活用して円滑なコミュニケーションをはかろうとする動きのことで、教育や介護、農業など、さまざまな業界でICTの活用が進んできています。保育現場でも、厚生労働省が保育園へのICTシステムの導入を推進しており、仕事量の多い保育士の業務軽減を図ろうとしています。

 

こうした動きを受けて、書類作成業務の簡略化、保護者との連絡帳のやり取り、写真の受け渡しや販売、午睡時の見守りなどさまざまなICTシステムサービスが生まれてきています。しかし実際にサービスを選ぶとなると、機能やサービス内容が多くて悩んでしまいますよね。

 

ここでは、どのようなタイプの「保育向けICTシステム」があるのかを紹介するので、あなたの園の課題にあったシステムを選んでみてください。

 

保育園向けICTシステムの選び方

 

1. 目的で考える

 

あなたの園では、どのような課題があり「何を目的に」ICTシステムの導入を検討していますか?

 

子どもの安全、園の事務作業の効率化、保護者との円滑なコミュニケーション、または特定の業務の効率化など、さまざまな目的に沿ったサービスがあります。

 

たとえば、午睡時の子どもの安全に特化して導入を目指すのであれば、専用サービスを検討しましょう。園の事務作業の効率化であれば、記録や共有のしやすさや使い勝手も見る必要があります。保護者とのコミュニケーションを目的にするのであれば、保護者と共有できる専用アプリを提供しているサービスもあります。

 

目的を整理することで、どういったサービスが適していいのかが明確にしてからサービスを探しましょう。

 

2.機能で選ぶ

 

保育園向けのICTシステムの機能として代表的なものを紹介します。 

【保護者とのコミュニケーションに関わる機能】

  • 欠席連絡受付
  •  お知らせ・おたより配信機能
  • 連絡帳機能
  •  送迎バスの位置情報連絡

【園の事務作業、情報管理に関わる機能】

  • 園児情報管理
  • 健康管理(検温、排便、午睡チェックの管理など)
  • シフト作成・勤怠管理
  • 自治体への報告書類の作成
  • 献立管理
  • 登降園記録
  • 写真管理・販売 

いくつかの機能に特化しているものから、網羅的にサービスを提供し園全体のICT化を促進するものまで、いろいろな組み合わせがあります。

 

3. サポート体制をチェック

 

新しいシステムの導入は、現場の保育士たちが使い慣れるまでに多少時間がかかります。園で勉強会を開いたり、担当者を決めたり、負担もあるでしょう。

 

もちろん慣れればメリットは明確ですが、現場が慣れるまでのことも考え、サポート体制のしっかりしているサービスを選ぶといいでしょう。導入時はもちろん、導入後のサポートがどうなっているか確認しましょう。

サポートの種類としては、以下のようなものがあります。

【導入時】

  • 機器のセットアップ
  • 園児情報の登録
  • 操作方法について、訪問してのデモンストレーション
  • 操作方法について、インターネット上で説明動画公開

【継続的なサポート】

  • 電話やメールなどでの対応
  • 必要に応じて訪問対応

【その他】

  • 保護者への説明資料の用意

 

4.使用端末をチェック

 

ICTシステムはインターネットを利用しますが、園にある既存パソコンで足りるのか、専用タブレットが必要なのか、スマホアプリを使うのかなど、使用端末についても確認しましょう。

 

サービスを導入したものの、パソコンの数が少なく、入力待ちになってしまったという声もあります。場合によっては新規購入する必要もあるので、園の規模やクラスごとの児童数に応じて必要台数を検討します。インターネット環境もあわせて確認しましょう。

 

専用タブレットは購入コスト、またはレンタルコストはかかりますが、他のアプリが入っていないので、使いやすいというメリットがあります。

 

5. コストを確認

 

コストには、導入コストとランニングコストがかかります。

 

導入コストとしては、機器購入、レンタル料、設置料などの項目があります。導入後、継続して発生するランニングコストとしては、クラウド使用料やタブレット使用料などがあります。

 

また、保育園ICTサービスをスムースに活用するためには、Wifiがしっかりと利用できるかどうかもポイントです。電波が弱くて、うまくつながらない、、、、なんてことがないように、Wifi設備についても、この際にコスト面含めて見直してもいいかもしれません。

 

いずれにしても、厚生労働省からICT化にかかる補助金が支給されているので、各自治体に問い合わせて活用できるかどうか確認してください。

 

保育園向けICTシステムを選ぶ前のチェックポイント

 

このようにICTシステムにはいろいろなタイプがあります。検討する際には、以下の点を確認しておきましょう。

①どんな目的で使いますか?

②その機能は必要ですか?

③PC・ネット環境は整っていますか?

④保育士に新しい負担がかかりませんか?

⑤保護者の理解は得られそうですか? 

 

まとめ

 

「ICTシステム」とひとことで言っても、さまざまなサービスが生まれてきています。どれも便利なサービスですが、新しいことを導入するにはコスト負担だけでなく、日々の業務の見直しをする必要もあります。導入目的や環境にあわせて内容を検討し、あなたの園にあったシステムを選んでください。